大学生

大学受験に備えよう|美術予備校選びのコツを紹介

文房具

関西の総合的大学

関西の有名私立大学として知られる兵庫大学には、学生のニーズに応える様々なカリキュラムが用意されています。経済やビジネスを通じて社会を見つめる経済系の学部や、看護や福祉といった実践的な技術を学べる看護学部などがあり、短期間で学べる短期大学もあります。

作文用紙

手軽に学べる通信講座

通信講座を利用して自宅で学べるのが、小論文です。最近は進路別にコースが用意されており、出題されやすいテーマを集中して学ぶことが出来ます。コース内容が専門的になるほど、受講料金が上がるのが一般的な傾向です。

美大受験の準備

レディ

授業内容に着目

美大や芸大に合格するには、基礎学力以外に、一定の表現力やデッサン力が必要になります。最近では推薦入試やAO入試を実施する大学が増え、絵が描けなくても合格の可能性はありますが、やはり名門といわれる学部や学科へ入るためには、ライバルとの厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。美術予備校は美大や芸大の受験対策を専門に行っている教育機関です。初心者が一から美大を目指す場合にも、ある程度の経験者が実力に磨きをかけたい場合にも、美術予備校の授業が利用できます。美術予備校といっても何百人も生徒のいる大規模な学校から、個人経営の私塾に近い形態まで、さまざまな種類があります。美術予備校を選ぶときには、自分が受験する大学の試験内容や傾向をよく調べて、それに対応した授業を受けられるか確かめることが大切です。基礎的なデッサンや水彩・油彩のテクニックなら、ほとんどの美術予備校で学べますが、高度な専門技術を身につけるのは簡単ではありません。また陶芸や漆工などの工芸系をはじめ、建築デザインや映像・アニメーションなど、それぞれに特化した受験対策を実施している美術予備校もあります。目的に合ったカリキュラムが用意されていれば、効率的に準備を進められます。たとえ短期間でも美術予備校に通うことで、良い刺激を受けられる場合があります。もちろん受講料金や過去の合格実績も予備校選びの参考になりますが、できれば教室の雰囲気を見学してみましょう。

メンズ

慣れることが大事

受験などの面接対策をしておきましょう。日頃から面接の練習をしておくことをお勧めします。学校や塾、予備校といったところで練習するのです。周囲にも協力してもらいましょう。慣れることで緊張もなくなってきます。